読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪クラシック初日

東京五輪の決定は、復興途上にある日本にとって嬉しいニュースになりました。これで仕事増えへんかな。おこぼれでも、こぼれ落ちてこないかな。・・・・いかんいかん、こんな事言ってるのはやぼだ。発想が貧困だ。世界から人が集まり、感動を世界に伝えるこ…

バッハ〜カンタータ147番

今日は空がきれいで見とれておりました。この写真は、関空(KIX)の上空の写真です。いやあ見渡す限り、空ですねえ(寂)。この15分後ぐらいに神々しい、夕焼けが訪れました。神さんているのかなぁと思える夕焼けでしたね。 さて、バッハの200曲あるカンタ…

プーランク〜ノクターン

暑さが続いております。おっさんの私はといえば、夏バテ。暑さ対策なんとかしようと考えております。かき氷とか食してなんとか体をクールダウンしております。昼ご飯にたべるコンビニ弁当も冷蔵庫で冷やして食べています。また、熱中症対策ですが塩分を含ん…

メシアン〜世の終わりのための四重奏曲

資格試験の勉強をしながら、ドビュッシーの映像とか、メシアンの世の終了を聴いていました。メシアンは普段聴いていないけど、今日聴いていると、涼しげでした。繰り返して聴いていると癖になってきたw。それに世の終わりは何か出てきそうな気がしますね。…

日本の夏〜ドビュッシー〜プレリュード

部屋に散らばるクラシックCDのボックスセットであるが、部屋を整理してみようと思って、目につくところに蚊取り線香の箱があったので、重ねて見たらぴったりだった。 こうやって、みても・・・ 違和感無し。 失礼しました。それにしても暑いです。昨日はBBC…

そつなく、こなす、ハイドン・クオリティ

昨日、NHKドラマ「7つの会議」を見て、サラリーマンはたいへんだなあと思った。いや私もサラリーマンなんだけど、設計事務所なんて、大企業から見れば吹けば飛ぶような小所帯で、派閥争いとか部署間の相克とかやってるエネルギーはない。作曲家がサラリーマ…

ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル〜5月の夜

今日は午前中とっても爽やかでした。ある資格試験の勉強をしながら、パーセルの声楽曲とか、ベートベンのカルテッドなどを聞いておりました。その中で、耳にとまったのがこれ。フェリックス・メンデルスゾーンのお姉さん、ファニー・メンデルスゾーン=ヘン…

シューベルト〜交響曲第5番

くそ暑く、失礼、とっても暑くなってきましたね。南からのモンスーンがただいま到着しましたって感じの蒸し暑い時は、マーラーとかワーグナーとか、編成がでかくて、臓腑をえぐるような音楽はしんどいっす。 今週はシューベルトの軽快な交響曲第5番に浸って…

エルガー〜エニグマ変奏曲

エルガーはんいい仕事しはるなあ・・・そう思いながら今週はエニグマ変奏曲を聞いていることが多かったです。バルビローリさんのとか、ジャケット写真のトムソンさん指揮、ロンドン・フィルハーモニーのとか。これは、シャンドス・レーベルの奴です。シャン…

アンドレ・ギャニオン〜めぐり逢い

うなぎ!いただきました!ありがとうございます!大阪阿倍野の300mビル・ハルカスに出店するお店で、出店記念ということで安くなっておりました。大阪はここのところ、グランフロントやこのハルカスと大型施設がオープンしております。ファストファッション…

バッハ〜無伴奏チェロ組曲第6番

パブロ・カザルスの無伴奏チェロ組曲です。テッパンですなあ。この組曲は、チェロの練習曲として、細々と演奏されてきたらしいけど、カザルスさんが録音してから、一気にメジャーになったというあれです。今日聴いてたのもカザルスさんの録音。1936年から193…

ブラームス〜交響曲第4番

グランフロント大阪に犬の主人の声(HMV)が出来たようなので行ってみました。大阪ではリアル店舗がどんどん撤退していったHMV。グランフロントで久々の出店ということでクラシックコーナーは充実してるかなと興味津々。しかし、というか予想通りというか、…

ヒラリー・ハーン プレイズ バッハ

平日のリサイタル。なんとか間に合う。西宮北口の改札でて、歩きながらカロリーメイトをチャージ。兵庫県立文化芸術センターへ、ヒラリー・ハーンさんのリサイタルに行ってきました。演目はモーツァルトのソナタK302、フォーレのヴァイオリン・ソナタ、現代…

バッハ〜ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042

ヒラリー・ハーンの踊るバッハ。しょっちゅう、聴いてます。バッハのヴァイオリン協奏曲は、2つのヴァイオリンのための協奏曲BWV1043第2楽章が常々神と思っていて、日々陶酔しているのですが、BWV1042第1楽章もなかなか素晴らしいっす。朝に頭がぼおっと…

マーラー〜大地の歌

定食屋さんで生姜焼き定食を頼んだら、肉は少なくもやしとタマネギが多かった。もやしとタマネギは好きなので、ソースに絡んだシャキシャキとした食感を楽しんだのですが、これは喜べばいいのか、悲しめばいいのか。 ゴールデンウィークで休みを楽しんでいる…

リスト〜巡礼の年

リストの巡礼の年を聴きながら、村上春樹の新作を読んでました。読んでる人も多いでしょうから、今のところ本の内容はここでは書きませんが、リストの巡礼の年の感想です。リストはこれ迄これっぽっちも聴いてなかったですが、小説読みながら、巡礼の年第1…

ベートーベン〜交響曲第6番田園

今日は定額サービスで目にとまったブリュッヘンのベートーベンを聴いてました。何気なく聴き始めたら、18世紀オーケストラのきぶきびした演奏にはまってしまい、ずるずると聴き続けてしまいました。久々にベートーベンの交響曲を聴いたら、嗚呼やっぱりベー…

ショパン〜バラード第1番

2010年ショパ・コン覇者ユリアンナ・アヴデーエワさんのリサイタルに行って来ました。この時期に日本でリサイタル・ツアーするのは、あちこちで桜が咲いていたり、咲いてなかったり楽しいでしょうね。日本は桜が名物とか言われているけどまさかそこここに桜…

Jシュトラウス〜春の声

やしきたかじんさんが、病気の療養が終わりテレビに復帰。関西人としてはやはりこの人がTVに出ないと寂しい感じがしていました。関西以外の方には分かりにくいかもしれないけれど、この人に指し棒を持たせたら東アジアでは並ぶ人はいないでしょう。まさに、…

フォーレ〜レクイエム

昨日、今日と、これを聴いておりました。 フォーレ〜レクイエムop.48(M.ヴァグナーによるオルガン伴奏版) フレデリーク・マルムベリ指揮 オルガン:ヴァーゲルス ソプラノ:ミア・ペーション スウェーデン放送合唱団〜動画はルチア・ポップさんです。

ラフマニノフ〜ピアノ協奏曲第2番

グリモーはんのラフマニノフを聴いておりました。毎日寒いからという訳でもないが、ロシアものにしてみました。寒い寒いと いうておりますが、人間はもこもこのダウンジャケット着たり、家に閉じこもったり、こたつに入ったりできるからまだいい。公園の小鳥…

ユーゴー先生〜レ・ミゼラブル

(もう、ネタバレいいよね) ユーゴー先生のレ・ミゼラブルを読了。電話をスマホにしてからろくすっぽ本を読んでいなかったが、久々に本読みました。名作は心の栄養ですね。面白かったんだけど、先生かなり筆が泳ぎがちで、もう至る所で脱線しておる。ジャン…

バッハ〜カンタータ第140番

バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の新盤で、名曲140番が出ていたので聴いてみた。 録音がKobe Shoin Women's University Chapelってなっているのが光ってみえる。BCJのライブを初めて聴いたのは、東京オペラシティのタケミツ・メモリアル・コンサート…

シューベルト〜ピアノソナタ第21番

夜もとっぷり暮れる時刻に、このピアノソナタ21番を聴くことが多くなりました。ユーゴー先生のレ・ミゼラブルをゆっくり読みながら、紅茶をすすりながら。シューベルトのピアノソナタは、今まで何がいいのかさっぱり分からなかったが、私も年くってきて、…

ベートーベン〜交響曲第9番合唱

フロイデ。今年もおかげさまで、よたよたとですが1年を終えることが出来そうです。今年も第九のライブに行ってきました。ありがたいことです。井上道義さん指揮、大阪フィルハーモニー管弦楽団、場所はザ・シンフォニーホールです。 冬枯れのシンフォニーの…

シューベルト〜アヴェ・マリア

皆様、メリクリでございます。クリスマスということでらしい曲、アヴェ・マリアを聴いておりました。この曲はいろいろな作曲家が作品をのこしておりますね。wikiで検索したりして、一部ですが、いろいろ聴いてみました。 ・ジョスカン・デ・プレ 1485年かあ…

バッハ〜カンタータ第80番

今年も残り後何日というのを気にするようになってきました。今年もいろいろライブに行ったなあと思い返していました。特に印象的だったのは、7月の大フィルのマーラー交響曲第9番。ライブがはねてから呆然としてよたよたと会場を後にしたのを覚えています…

ドビュッシー〜前奏曲集第1集より亜麻色の髪の乙女

この前の休みにツィメルマンのリサイタル@兵庫芸文行って来た。ツィメルマンは普段はショパンの協奏曲をCDで聴いていたぐらいですが、結構良いので、実演聞いてみたいなと思い、チケットをとっていた。当初はオール・ドビュッシープロだったけど、ある日突…

佐村河内守〜交響曲第1番HIROSHIMA

先週、NHKの番組でこの交響曲の特集をしていたのですが、最終のコーラルの演奏が流れるやいなや、・・・なんだこれは・・・。思いのぎゅううとつまったコーラルにしばし呆然として、見入ってしまいました。佐村河内守(さむらごうちまもる)さんの交響曲…

SonyがiTunesストアに配信開始とか、NMLとか。

ついにSonyがiTunes Storeに配信ということを知って、ある朝、ひとりで静かに盛り上がってました。いつかこの日が来ると思ってたけど、ちょっと時間がかかりすぎたかな。ある感慨をもってニュース記事を読んでました。 ソニーの邦楽アーティストは、さすがに…

チャイコフスキー〜ピアノ協奏曲第1番

すっかり秋めいてきて、超ロマンな曲がすんなり聴けるようになって来ました。イリイチ・チャイコのピアノ協奏曲第1番。演劇界ではつかこうへいの熱海殺人事件の冒頭でガツンとくるのでとても有名。この曲は名曲だけあっていろいろ聴き込んでしまいました。全…

マーラー〜交響曲第5番

ふと思い出して、マーラーの交響曲第5番の第5楽章ロンドを聴いていた。5番は超絶名曲のアダージェットがぐぬぬだけど、楽しげなロンド・フィナーレもいい。クラ聴き始めのときはラトル、ベルリンフィルをMDウォークマンに突っ込み、ロンドを繰り返し聴い…

バッハ〜シンフォニアBWV156

今週は電車の中ぐらいでしか、音楽聴くことができず。建設業界は不景気なのに常に人出不足という不思議なところです。電車の中でよく聴いてるカンタータ156番のシンフォニア。バッハ・コレギウム・ジャパンの震災チャリティー盤を聴いてます。シンプル。短い…

ラフマニノフ〜10のプレリュード

エル・バシャさんのピアノ・リサイタルを聴きにシンフォニーホールヘ。実は、疲れがたまっていて、ライヴで寝てしまう恐れがあったのだけど、とにかく行く。プログラムはこんな感じでした。 ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番悲愴 ピアノ・ソナタ第17番テン…

ショパン〜ピアノ・ソナタ第2番

ブニアティシヴィリのショパン聴いておりました。ピアノ・ソナタ2番や、バラード4番、コンチェルト2番、ワルツにマズルカと盛りだくさん。イメージビデオもついてるけど、なんか意味わからん。昼間は台風で、嵐の中、これを聴いていたが、なんかしっくりこ…

どれにいこうかとか

気温が下がってきました。そろそろ秋かな。秋冬にかけては例年クラシック音楽のコンサートがキラ星のごとく開催される。そろそろどれに行こうか考えないと行けないのだけど、なぜかテンションが上がらず。7月の大フィルのマーラー9番、兵芸のトスカでライ…

ベルク〜ある天使の思い出に

ベルクのバイオリン協奏曲。ワルター・グロピウスとアルマ・マーラーの娘、マノンにたむけられた曲。以前から聴いてみたいなと思っていたのだが、ファウストさんの盤をゲット。実はファウストさんの最新の無伴奏を買いにいったつもりなのだが、方針変更でこ…

テレマン〜カノン・ソナタ2番

中之島から土佐堀川にたたずむ住友ビルディングです。昔からの住友コンチェルンの本拠地。今は、金融業界の再編、自由経済は常に変化する世界なので、SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATIONと壁面に書かれております。威風堂々としてますね。近くでは鳩たちが…

バッハ〜平均律クラーヴィア

グレン・グルードの平均律。平均律はリヒテルさんを毎日聴いていて、他の盤は買わないと誓ったはずなのだが、どぼん。タワーで安く出ていたので。好きな曲を他の演奏で聴いてみたいという欲求はいかんともしがたい。バッハの無伴奏バイオリン・ソナタとパル…

ブラームス〜クラリネット五重奏曲

暑いです。いったいいつからこの国は熱帯になったんでしょう。スコールのようなゲリラ豪雨も降るし。暑いからか楽器の数の多い音楽が受け付けられず、なんか疲れていたのでピアノソロとかだらだらと聴いていたのだけど、木管の音って一服の清涼剤と思って聴…

モーツァルト〜レクイエム

夏だね〜。太陽がさんさん。近ごろはモーツァルトのレクイエムを聴いていることが多かったです。生き物が命を謳歌する季節に、暗い曲ばかり聴いていたのは、真夜中にベームさんのモツレク動画を見てしまったせいです。きっと。緊張の糸がぴーんとはった演奏…

マーラー〜交響曲第9番

大フィル定期に行ってきました。ぐぬぬ、すごかったっす。Bravo!マーラー最後の交響曲。もともとLoveな交響曲であるが、指揮者大植英次とオケの力をつよく感じた演奏でした。そして、大フィルの定期に行ってた人にとっては、2007年のキャンセルから待ちに待…

ブラームス〜交響曲第1番

難波タワーで、何気なしに音盤を見ていたら、お客さん名盤でっせ〜という声が聞こえてきた。いや、幻聴です。フルトヴェングラーのブラ1、北ドイツ放送交響楽団、1951年。この時代の録音にしてはとても生々しい音です。最初にハイドンの主題による変奏曲が…

ピアソラ〜ブエノスアイレスのマリア

今日は湿気がもわっと来ました。こういう日はクラシックの濃厚はやつは気分的にマッチせず、シュトラウスの英雄の生涯を途中で停止、シュトラウスはんメンゴ、英雄の半生になってしまった。そしてNaxosのピアソラを取り出して見る。 このNaxos 盤、音がとっ…

パーセル〜Fairest isle

ある日のことであった、難波のタワーでBISレーベルSACDのセールがあった。スエーデンのBISレーベルはいつも透明感のある綺麗な録音というイメージがある。私は松蔭で録音されたバッハ・コレギウム・ジャパンのをよく聴いている。興味が向いてなにか1枚選ん…

バッハ〜ヨハネ受難曲

大フィルの定期公演へ。ヘルムート・ヴィンシャーマンさん指揮のヨハネ受難曲行って来ました。マタイと並び称されるこの曲、実は聴いたことなかったのですが、私にとってのアイドル、セバスチャン・バッハの代表的な宗教曲であるし、たぶん楽しめるだろうと…

ショパン〜バラード第3番

午前中仕事終わらせ、いや終わってないけど、シンフォニーホールへ。フレディ・ケンプくんのリサイタルに行ってきました。 プログラムは・・・・ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調…

水戸芸とか、フォーレ〜見よ、忠実な僕を

タイトルを書いたら赤面してしまった。フォーレのラシーヌ雅歌にピンと来て、ああ私もフォーレに開眼かあという感慨を抱きつつ、フォーレの合唱曲を聴き始めました。フォーレ:ラシーヌ雅歌他アーティスト: オールディス(ジョン),グループ・ヴォーカル・ド・…

マーラー〜交響曲第7番夜の歌

西宮ヘマーラー7番を聴きに行ってきました。@兵庫県立芸術文化センター。広場では休み日のお昼ともなると、こんな感じで皆さん思い思いのときを過ごしております。いつもダンスの練習をするグループを見かけるのですが、コンサートが終わってからもまだダ…

林檎嬢とか、シューマン・ピアノ協奏曲とか

阿倍野ハルカス、大空に向けてにょきにょきと続伸中。このあいだ、新世界をぶらついていた時に逢坂下ルあたりで撮ったもの。すでにかなり高くなってきた。そりゃあ、スカイツリーはこの倍の高さだし、ドバイには800mのビルがあるんだが、阿倍野あたりでは他…