アルフィー・ライブ〜大阪城ホール

ジ・アルフィーさんのライブ 天地創造に行ってきた。

ツアーの最終ライブ 大阪城ホール公演だ。(略称:城ホール)

大阪城公園を降りると官民連携で綺麗に整備されたカフェやレストラン群を抜けて城ホールへと向かう。以前は何もなかったが、いつの間にか、楽しげな空間になっている。目の前に見えるガラスのモノリスのようなやつはクリスタルタワー、日本のインテリジェンスビルの先駆けだ。いつのまにやら、船着場もできていた。

いわゆる、スタンディングで拳を突き上げるようなライブには行ったことがないので、不安があったが会場に入ると、バッハのマタイ受難曲がながれ、厳かな雰囲気であった。ああ、このどっしりとした感じはリヒター指揮のミュンヘン・バッハ管弦楽団か。ここで1万人のマタイ受難曲コンサートをやってもいいのではないか。いや、それはどうでもいい。

 

8000人の会場が満席だった。いつも2000人ぐらいのホールしか行かなかったので、すごい群衆でビビる。キングダムで言うと少し前の飛信隊がこのぐらいか。もはや軍だ。

メンバー登場で会場スタンディング。

2曲目の「星空のディスタンス」でのりのりになった。

もうこの曲はベストテン見てて、もう細胞に染み付いているので、拳を突き上げちゃいました。桜井さんのボーカルが突き抜けていて、67歳でこれだけ声が伸びるのかと驚嘆する。

坂崎さんにしても、高見沢さんにしても、この年齢でこれだけ、背筋がピンと伸びて、エネルギッシュ。いや、年齢のとこばかり言うのは失礼であるが、びっくりした。

個人的に盛り上がったのは、「ファンキーキャット」という新アルバムからの曲。彼女に振られたとかついてない歌詞が続く曲だが、ライブでめちゃくちゃ盛り上がる。高見沢さんのギターがドラえもんだった。

もう一つ、ライブでは定番らしいが「SWEAT&TEARS」という曲が燃えましたな。

まさに灼熱。8000人が一体になった。

家に帰ってきて、このアルバムを聴いて追体験しております。

 

本ブログの年内更新は、これで最後です。

本年は年初で、もっとライブに行きたいなと思っておりましたが、結局一つだった。

でも、その一つは新境地。

 

来年はそうですね。

マタイ受難曲とか行きたいですが、関西はないみたい。

 

それでは、皆様良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年買って良かったもの

今週のお題「買ってよかった2022」

毎年、恒例のはてなお題であるが、今年は記事を書くのが遅れてしまった。

 

今年はコードレス掃除機を導入して、その便利さに目を見張った。

購入したのはシャークのエボパワーだ。

今まで、電源コードを挿したり、抜いたりしていたけど、

それがなくなって、掃除機をかけることが楽しくなった。

ヨドバシで他のメーカーと比較したが、日本製が選択肢から抜けていくことに少し複雑な気分になった。以前は家電を買うとなれば、迷わず国産だったのだが。

便利は便利だ。ただ、フィルターを洗うのがめんどくさい。

 

Macを久方ぶりに買い替えた。

購入したのは、M1 MacMac Book Proだ。

M1プロセッサは、早い。さくさく動いて気持ちいい。

これで、何台目のMacだろう。

買った順に走馬灯のように思い出してみる。

iMac rev.B ボンダイブルー

Macintosh SE/30

Macintosh LC2

・Power Book G3 ブロンズ

iMac ポリカ一体型のやつ

iMac  2009 27inch でかい

Mac Book Air 2014

Macの歴史に詳しい人が見たら、順番がおかしいだろうと思うかもしれないが、事実だ。

Appleの製品はデザインに優れているが、

その中でも格好良かったのはMacintosh SE/30だった。

モニターは白黒の9インチのトリニトロン管。

3.5インチのフロッピーディスク

OSはカンジトーク

なんとも味のあるシカゴフォント。

なんとも頼りないオオサカフォント。

ハードディスクも今から考えると雀の涙のようだった。

ヴィンテージで手に入れて、使ってた当時から、テキスト打ちしか仕えなさそうなスペックだったが。キーボードのタッチの感覚が気持ちよくて、どこまでもテキストを打てそうだった。

 


www.youtube.com

 

iPhoneを久方ぶりに買い替えた。

iPhone13 ミッドナイトだ。

iPhone6sからの買い替えなので、久しぶりのアップグレードだ。

思えばiPhone6sは最後のミニイヤホンジャックを使えたiPhoneで、

電話としてより、音楽プレーヤーとして愛用した。

この6年ほどの間で、時代はワイヤレスが主流となった。

もういいかなと思い買い替えた。

iPhone13も長く使うつもりで、次はiPhone20ぐらいかと思っている。

 

 

 

 

 

カザルス〜鳥の歌


 サッカーの日本代表がスペインに勝って、びっくりするやら、嬉しいやら、再び勇気をもらった。世の中は今年に入ってから、ロシアの侵攻やら物価高騰やら、重苦しいムードに覆われていたが、日本代表の躍動に希望を見た思いがしますね。

 試合結果を知ってから、スペインにまつわる曲を聴きたくなった。しかし、スペインの曲はあまり馴染みがない。アラフェンスもあまり聞かないし。

 時間もないので、カタルーニャの民謡からパブロ・カザルスが編曲した鳥の歌を聴いた。哀愁漂う旋律に身を任せていたら。。。これはもともとはクリスマスを祝う曲らしい。意外。

Pablo Casals - A Concert at the White House

 カザルスのホワイトハウス・コンサートから。ぱりぱりの最新録音を聴きたくて、Apple music で検索して他のアーティストで聴いたが、録音が古いにも関わらずカザルスがしっくりくる。なんででしょうかね。間とか歌い上げ方が違うんだろうか。

 冒頭の写真は、3年前に言ったバルセロナのゴシック地区。パブロ・カザルスもこの街を楽譜を探して歩き回っていたんだろうなあと、観光しながらそんなことを考えていました。

 

 

 

ハイドン〜弦楽四重奏曲第77番皇帝

Ai AF Nikkor20mm f2.8

 

サッカーワールドカップで日本代表がドイツを下したのは、びっくりした。目が醒めた。よくやったと思います。日本はサウジみたいに祝日にならなかったが、勇気をもらえた人が多いだろう。

ドーハの地は悲劇があったり、歓喜があったりと、日本人にとっては忘れられない地になった。

会場で試合が始まる前にドイツ国家が流れたが、しみじみいい曲だなと思った。ハイドンが作曲した弦楽四重奏曲第77番の第2楽章ですね。これも試合に勝ったからこんなこと言う余裕があるのか。

今日はクイケン四重奏団の演奏で聴きました。

ハイドン:弦楽四重奏曲第75番・第76番・第77番

 

 

ブラームス〜交響曲第3番

今週のお題「わたし○○部でした」社会科研究部でした。マイナー。

さて、秋も深まってきた。

個人的にはとても素敵な季節だ。

朝に公園を散歩した。

木々は色づき、落ち葉も落ちている。

f5.6 補正している

この前、コスモスを撮ったが、マイクロ・ニッコールを買ってからマクロレンズらしい写真を今まで撮っていないことに思い当たった。コスモスで撮ってみた。

f4  風が吹くと右のような写真になってしまう。

とりあえず、私にもできたか。それにしても花を撮るのは難しい。

マイクロニッコールはマニュアル・フォーカスだし、風が吹くと、ピントは外れるフレームアウトする。家の中で一輪挿しの花を撮るのが無難なのか。まだまだ、試行錯誤が必要だ。

 

秋はやっぱりブラームスということで、交響曲の第3番を聴いた。

本当は室内楽の方がもっとマッチするような気もするが、あまり知らないので交響曲だ。

ブラームス : 交響曲第3番&第4番 / ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団&ヘルベルト・ブロムシュテット (Brahms : Symphony No.3 & 4 / Gewandhausorchester Leipzig & Herbert Blomstedt) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]

Appleミュージックで検索すると、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のアルバムが出てきた。

第2楽章終盤の旋律と第3楽章の旋律は持っていかれますね。まさにロマン派です。

 

 

箱を買った

久しぶりに箱を買った。

クラシック音楽のCD ボックスセットだ。

今みたいに音楽配信が主流になる前は、ボックスセットは次々に発売されていた。

ブリリアントクラシックなど海外の激安盤も多かった。

以前はこれはお得だと思い、衝動買い的に良く購入していた。

しかし、ボックスセットって買った時のテンションは高いものの、

実はあまり聴いていなかったりする。

 

あまり開けない箱群だが、良く聴いている箱もある。

私の手持ちの中では、以前EMIから出ていたバルビローリの箱だ。

我が家の座右の箱にしている。

私はApple Musicで音楽を聴くことが多いが、たまにコンポに対峙して、CDやレコードを聴いていると心底いいなあと思う。アナログ回路の音が身に染みているのだろうか。

 

久しぶりに箱を買うことにした。

バルビローリが指揮したエルガーの曲を集めたボックス。

元々EMIから出ていたが、今はワーナーから出ている。

天気のいい休日の昼に、アンプを温めてから、交響曲第1番や、エニグマや、弦楽セレナード、行進曲第4番を聴いた。身に染みてしまった。聴いたことのないゲロンティアスの夢(略してゲロ夢)も楽しみだ。

この箱も我が家の座右の箱にしようと思う。

 

 

 

 

 

秋桜

公園でコスモスが咲き誇っていたので、撮ってみた。

SONY NEX7にアダプターをかいして、20年使っているNikonのAi Micro Nikkor55mm f2.8をくっつける。

この組み合わせは結構気に入っている。

Micro Nikkorは1時代前のレンズ設計なのかもしれないが、ぱっきり映って気持ちいい。

このMicro Nikkorなんて、レンズは実にちっちゃいが、実に立派な写りだと思う。

 

最近、聴いた音楽。

エッセンシャル・ベスト 紙ふうせん

紙ふうせんさんの、冬が来る前にと翼をください

寒くなってきました。