読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jシュトラウス〜春の声

やしきたかじんさんが、病気の療養が終わりテレビに復帰。関西人としてはやはりこの人がTVに出ないと寂しい感じがしていました。関西以外の方には分かりにくいかもしれないけれど、この人に指し棒を持たせたら東アジアでは並ぶ人はいないでしょう。まさに、指し棒芸人いやミュジーシャン。指し棒をホワイトボードにばーんとやる前のあの一瞬の間がたまりません。世阿弥も言ってたと思うけど芸術は間なんですね。

春ですなあ。関西も来週末には桜が満開だろうか。暖かくなってきたんで、呆けてこれ聴いてました。ニューイヤーコンサートでやりそうな曲ですが、春のうきうき感がとても良くでた曲ですね。あと、春と言えばストラヴィンスキー春の祭典」というとんでもなく残酷なストーリーの曲もありますが、それはまだ聴いていません。voice of spring 定額サービスで、ベルリン・クラシックス盤を。ようつべで、バトル、カラヤンウィーンフィル盤を聴いていました。