読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッハ〜マタイ受難曲

すっかり暖かくなりました。

桜も咲いている。でも、雨。

 

毎年、暖かくなってくるとバッハのマタイ受難曲が聴きたくなる。

教徒ではないんだけど。

マタイは刷り込み版がヘレベッヘの最初の盤だった。

タワーで輸入盤がお安かったので、手に入れた。

さらさら、綺麗なマタイでありました。

ですので、以後も古楽器系で聴いていることが多かった。

鈴木御大のライブにも行ったなあ。

 

ああ、マタイはよいなあ、と思ってから、

味をしめて次に手にしたメルゲルベルグ盤。

ヘレベッヘとは真逆のずっしり、どっしり。

打ちのめされた。

重くて、重くて。

以来、2度と聴いていない。

これは、どうかと手に入れたクレンペラーのバッハ宗教曲ボックス盤。

でも、聴くと立ち直れないんじゃないかと思いこみ。

なぜか、1度も聞いていない。

Bach: St. Matthew Passion

Bach: St. Matthew Passion

 

今はミュンヒンガー盤を聴いている。

古楽器系とは違うこの、おおらかなテンポも心地よい。

ドラマを感じる。

アリアが沁みますね。

名アリアの神よ憐れみたまえを貼らせてください。


Marga Höffgen "Erbarme Dich, mein Gott" Matthäus-Passion