読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台中歌劇院とワーグナー〜ラインの黄金

オペラ けんちくや

しばらく前に、台中メトロポリタン・オペラハウスが竣工した。

ネットでいろいろと画像を見ていた。

matome.naver.jp

ユーグリッド幾何学の世界から、トポロジー幾何学の世界へワープしたようだ。

でも、ホールは音響の制約があるから、わりかし常識的じゃないかな。

ホワイエの空間は唯一無二。

なにか地中のなかに潜っていく感じ。

まるで、ワーグナーの楽劇ラインの黄金で、登場人物が地中に下っていくようだなと思った。

こうゆうところで、ワーグナーやったら素敵だなと思った。

と思ったら、こけら落としワーグナーラインの黄金だったようだ。

 

ショルティさん指揮のラインの黄金を聴いていた。

この楽劇のプロローグはやっぱりいい。

ライン川のたゆたう流れが見えるようだ。(実際にライン川を見たことはないが)

Das Rheingold (Complete) (Comp)

Das Rheingold (Complete) (Comp)

  • アーティスト: Vienna Philharmonic Orchestra,George London,Richard Wagner,Georg Solti,Kirsten Flagstad,Set Svanholm
  • 出版社/メーカー: Decca Import
  • 発売日: 2008/06/02
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

以前、ハイライト盤をよく聴いていた軟弱者なので、最初のプロローグから指輪強奪の上愛を捨て世界征服宣言のくだりと、最後の空虚な入場シーンが印象に残ります。

この作品からわたしが受け取る教訓は、他人のふんどしで勝負したらあかんということ。

策を弄して、ワルハラ城を建設してしまい、後で苦しくなってしまうヴォータンを見て思うのであります。

 

過去記事。。。もう、5年も経ったのか。。。脂汗。

 

andaantee.hatenablog.com