読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーランク〜3つのノヴェレッテ

梅雨の晴れ間で、いっきに気温が上がり、青々とした空を見ていると昼間にマーラーはもう聴けないなあといった感じでした。例年夏場はフランス音楽が涼しげでいいんじゃないかとひとりごちているものの、聞いてはいるもののそれほど馴染めず、毎年撃退されるを繰り返しております。
Piano Music Chamber Music

Piano Music Chamber Music

 

 今年はクラシック音楽のレンジを広げるべく、プーランクピアノ曲を聴いてみました。3つのノヴェレッテって曲。第2番のげんきな曲調は苦手ですが、第1番、第3番はしっとりして好みですねえ。動画を貼っておこう。

あっついなあと思いながらも、楽しく聞いていた曲たち。
キースジャレット ケルンコンサート 2c これが即興なんて信じられない、良い曲だなあ。
Playing for changeってアルバムからLove rescue me 元々U2の曲みたいですね。 
ガーシュイン ラプソディインブルー バーンスタインのどや指揮のソニーレーベル盤。
ジルベルトのゲッツ。ボサノバ・ジャズの名盤ですね。このアルバムが似合う季節になりました。