読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーラー〜交響曲第3番

クラシック音楽
この間のラーメンのポストでは、味を言葉で表すに、結局おいしいという言葉しかひねり出せず。文章表現というのは難しいということを実感しております。
加えて言うと音楽を文章で表現するのも難しい。音楽を言葉で表現するのは、建築をダンスで表すようなもんだとか、以前、どこかの文章で読んだことがあります。

f:id:andaantee:20160321153940j:plain

この間の休みにマーラー交響曲第3番を聴いてました。これはとってもお気に入りのシンフォニーです。後期交響曲のような重たさがないのも私にはいい感じ。過去には大植さん大フィルのコンサートで悶絶。この間の休みは私は今、マラ3が聴きたいんだそれも最新のぱりぱりの録音でだと思い立ち、私にとってのとっておきの一枚シャイー指揮コンセルトヘボウ盤を探しだしました。いつもはスピーカーで聴いているけど、珍しくヘッドホンで聴いてみました。ヘッドホンで聴いているとホールの細かい息づかいまで聴こえるような気がしますねえ。いつも古い録音ばかり聴いているのですが、このような最新のパリパリの録音を聴いて、鮮烈な楽器の鳴りをヘッドホンで微細なレベルで楽しむのもよいです。ソロのバイオリンの鳴きが怪しく揺れてよいです。思わず没入しました。

シャイーさんではないが、動画を貼っておこう。


Waltraud Meier- Mahler: Third Symphony : 4th movement. Paavo Jarvi HROrchester