読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月のあるくもりの日、ブラームス〜弦楽六重奏曲

晩秋MAX。

選挙にいく道すがら、あっちにしようかこっちにしようか考えながら、

ふと横をみると公園が、木々がいい感じに色づいておる。

そうだ京にいかずとも、近場で紅葉見てなごもうかと思う。

f:id:andaantee:20151122102147j:plain

なんとも平和な風景。

やっぱり平和がいちばん。

平和をみだすのはやめて欲しい。

f:id:andaantee:20151122102237j:plain

いちょうのイエロー、苔むすグリーン、土のブラウン、すてきなグラデーション。

f:id:andaantee:20151122102618j:plain

こつこつと歩いていく。

f:id:andaantee:20151122102256j:plain

おつかれさまです。

 

今日、聴いたのは晩秋MAXって訳ではないけど、またブラームス弦楽六重奏曲。

好きな曲で良く聴いてます。

なぜか、電車に移動中とかに聴いていることが多い。

第1楽章と映画にも使われたらしい第2楽章どちらも好きだけど、どっちかと聞かれたら、第1楽章と答えるかなあ。

第1楽章のテーマが聴こえてくると、この曲もあああブラームスのしてやったり顔が垣間見えそうだ。この旋律も晩秋の季節の映画に使えると思うなあ。

公園をてくてくと歩いて行くと、この旋律が脳内再生されます。

動画を貼っておこう。


Brahms:String Sextet Op18 Osostowicz,Øllgaard ...