読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

METラインの黄金

MET上演日:2010年10月9日
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ロベール・ルパージュ
出演:ブリン・ターフェル、ステファニー・ブライズ、リチャード・クロフト、ウェンディ・ブリン・ハーマー


なんばパークスでMETライブビューイングを見ました。
去年見ていたライブビューイングの時より、人が多いなあ。
そうか、ニーベルングの指輪の新演出の新演出なんで、人が多いのですね。

今回の舞台とってもシンプルな感じになりました。
シンプルといっても、舞台を構成しているパネルがうねったり、回転したり、
パネルに映像を投影することで、その場の情景を描き出すやり方にしています。
ラインの乙女たちの登場シーンはまさに河のなかに3人の乙女が戯れているイメージで、
おおっとおもいましたが、
舞台シンプルだからといって小難しいことは無く、
具象的といいますか、説明的です。
ヴォーダンとローゲがニーベルハイムにおりていくところなど、
なるほどそういう見せ方があったかと思いました。
最初みる舞台としては衝撃度はありますが、
繰り返し見ると考えるとどうなんでしょう。
飽きが早く来るかもしれません。

それにしても、このシンプルかつからくり仕掛けの舞台で、
あと3作どうやってみせていくのかは楽しみです。

歌手は宙吊が多く、歌うのがかなりこつがいるのではないかなと思います。
舞台のからくりを見て思ったけど、これは出演者は危険なんじゃないだろうか?
おそらくコンピューター制御されている印象を受けたけど、
コンピューターがだめになったらどうなるのだろうと心配になった。

ジェームス・レヴァインの指揮は、劇の内容とシンクロして安心して聞いていられます。
ヴォーダンのターフェルはもっと威厳が欲しいところです。
アルベルヒトとミーメは迫真の出来でありました。
6月のワルキューレが楽しみですね。